TDU実行委員会 会議資料20180131

DWE東京ユーザー会実行委員会 会議資料

2018/01/31

作成者:田中亜由美

 

この度はDWE東京ユーザー会実行委員に立候補頂きありがとうございます!

私ひとりでは成し遂げられないようなことが、いま皆さんのお力添えで実現するかもしれません。とてもワクワクして仕方がないです。

 

そこでまず、東京ユーザー会の定義や、活動目標について話し合うとともに、今後のユーザー会実行委員会についての開催についても、どのように行っていくべきか話し合いたいと思います。

 

  • あゆみの勝手な東京ユーザー会発足理念

DWEというツールを使い、CAP卒業を目指すという同じ志を持った仲間と接することで、子ども達も親としても、お互いいい刺激を受ける場をつくりたい。

DWEユーザー目線でのイベントや、DWEだけに留まらず、質の良い教育全般の情報共有をしたい。

メンバーが集結することで、組織力を使い講師を招いての活動や託児の実施、規模の大きいイベントなども企画できたらと考える。

また沢山のメンバーを募ることで管理上の問題があると思いますが、運営(実行委員会)でのルール付けにより、個人の負担が軽減するようなシステムを作りたい。

卒業生・新しく加わるメンバーなども今後出てくるでしょうが、ユーザー会は然消滅せず、何年にも渡り次の世代のユーザーさんにも引き継がれていくような組織でありたい。

 

 

  • ユーザー会の定義・活動目標

まず前提として、子どもたちの英語力を高める場として、ポジティブな活動を目的とする。

  • 交流・友達づくり
  • 英語のアウトプットの場
  • CAP取得の為の意識づけ
  • イベント等情報交換
  • 英語教室ネタ
  • 英語絵本ネタ
  • その他英語教育全般?
  • などなど…

 

  • LINEでのルール・注意喚起について
LINEの利点 LINEの問題点
●トークが盛り上がる

⇒『自由に話せる場所』と『こちらからトピックを設けて話せる場所』、『トピックで話した内容のまとめが見れる場所(議事録)』があると使いやすそう

 

●投票ができる

●スケジュール調整ができる

●トークが流れて行ってしまう

⇒議事録をつけて記録したらどうか(情報を保存し共有する)

●トークが荒れる可能性がある

⇒注意喚起をする必要がある

⇒ルールづくりを事前に行う

 

  • ユーザー会のコンテンツについて
  • 第一回は顔合わせ?(あゆみ案)
  • 歌・クラフト・絵本読み聞かせ

・・・とか?

  • あざれさんの講座については要相談(ユーザーLINEで希望者40人くらい集まってからでも遅くないと思います。日程の都合で増減あるかと思いますので。)

 

  • 実行委員会運営について

<現在の実行委員会スタッフ紹介>

田中亜由美、豊田、横谷、井上、小松、齊藤、市森、山口、濱

・・・現在 計9名

<会議開催について>

  1. skype会議(平日夜)⇒1/31より随時開催
  2. ランチ会議(土日)…初回2/18予定(顔合わせ)
  3. LINE会議(参加できるとき)

の三本立てで行う予定です。

 

  • 議事録について

⇒LINEノートにまとめる?それともブログやサイトを作って公開する?

 

  • 開催場所について

オリンピックセンター、公民館、レンタルスペースなど

  • ユーザー会の定員について

会場の大きさによって定員締め切りを設けるか否か

 

 

以上

他、随時追記しますので、ご意見お待ちしております。

1 thought on “TDU実行委員会 会議資料20180131

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です